夫婦関係に悩んでいる方へ

夫婦カウンセリングのメリットとデメリット

夫婦関係に悩んだとき、どんな選択肢があるでしょうか?

ネットで似たような状況を検索してみたり

友達や家族に相談してみたり

自分なりの解決策をあれこれ試してみた方も多いでしょう。

それでも問題が解決しないとき

「もう無理かもしれない」「頑張ることにも疲れた…」と

離婚の二文字が頭をよぎることがあるかもしれません。

そんなとき、カウンセリングを試してみるのはいかがでしょうか。

このコラムでは、夫婦カウンセリングのメリットとデメリットについて解説します。

夫婦カウンセリングとは

夫婦カウンセリングとは

夫婦間の問題について

カウンセラーの助言を参考にしながら話し合い

関係修復や離婚協議の話し合いを円滑に進めるカウンセリングのことです。

そのメリットとデメリットはどこにあるのでしょう。

メリット

1)問題が整理される

自分のことや、自分たち夫婦のことは

なかなか客観的には見られないものです。

中立の立場の第三者が入ることによって

客観的なフィルターを通して、自分たちの状況を見直すことができます。

問題解決のためにはまずは問題を的確に把握することが重要です。

2)うまくいかない「パターン」がわかる

夫婦関係がうまくいかないとき

たいていの場合、うまくいかない「パターン」にはまっていることが多いです。

一方の態度や言動が、他方の反応を引き起こし、それがまだ次の反応を引き出している…

夫婦関係は相互作用で成り立っています。

うまくいかないパターンが見えてくると

そのパターンの一部を変えることで、その後の流れも劇的に変わります。

3)お互いの本音がわかる

相手に対して直接言えなかったこと

うまく言葉にならなかったことも

カウンセラーを介してなら話せる場合があります。

カウンセラーは

気持ちを言葉にするのを手伝ったり

相手に伝わるように伝えることをお手伝いします。

お互い本音で話し合うことができれば

理解が深まったり、このさきどうするかを考えやすくなります。

4)将来の見通しがもてる

問題を把握分析し

お互いの気持ちも確認できたら

お互いにとってベストな選択肢を考えましょう。

ゴールが明確になれば

ゴールにたどり着くために話し合っておくこと、考えておくべきことも明確になります。

デメリット

1)時間がかかる

1回のカウンセリングで問題を解決することは難しいです。

問題を整理して的確に把握すること

夫婦の関係性を分析し理解すること

本音を伝え合い共有すること

二人にとってベストな解決を考えること

それぞれの段階で複数回のカウンセリングが必要になります。

たとえ時間がかかるにしても

夫婦・家族の問題は人生の重要な一部であり

いまこの時の決断は、今後の人生を大きく変えます。

納得して次の一歩を踏み出すために、時間をかけるだけの意味があると考えています。

2)人によっては、時間とお金の無駄に見える

すでに結論が決まっていて、迷いもない人にとっては

カウンセリングにかける時間やお金は無駄に見えるかもしれません。

ただし

どちらか一方でも、時間をかけてじっくり考えたいのであれば

のちのち後悔や揺れ戻しがないように、時間をかけて結論を出す方が結局は近道かもしれません。

カウンセラーの選び方

さて、カウンセリングを受けることを考えたとき

あなたの問題に合ったカウンセラーを選ぶことも重要です。

一定の質を保証する資格、実績や経験などの他に

あなたとの相性がよいかどうかも大切な観点になります。

あなたと感性が近かったり

安心して話せる雰囲気を持っていたり

助言を信頼して受け入れられるカウンセラーを選びましょう。

まずは試しに会ってみて、いろんな質問をしながら

自分に合うカウンセラーかどうかを検討するとよいでしょう。

良いカウンセラーは、どんな質問にも気軽に親切に答えてくれるものです。